8月11日 今日は何の日?


まいど!kojiです!

鎌倉幕府を倒した足利尊氏あしかがたかうじ征夷大将軍せいいたいしょうぐんになった日

足利尊氏は下野の国しもつけのくに(今の栃木県)足利あしかがで生まれたと言われています。

鎌倉時代の終わりころの事でした。

源頼朝みなもとのよりとも(別記事 7月12日 今日は何の日?)によって開かれた武士の政権である鎌倉幕府ですが、その頃の実権は北条氏が握っていました。

源氏げんじの家系である足利家に育った尊氏は、「いつかきっと源氏の世に戻して見せる」と考えていました。

それは日本全国の武士たちも同じでした。

北条氏に支配されていた鎌倉幕府を倒す時を、誰もがうかがっていたのです。

そして1333年、後醍醐天皇ごだいごてんのうが兵をあげ、幕府に戦いをいどみます。

尊氏も北条氏を打つべく立ち上がりました。尊氏の軍勢は、鎌倉幕府の役所を攻め落とすなど、活躍しました。

こうして鎌倉幕府は滅びましたが、後醍醐天皇が武士たちに与えた褒美ほうびは、ほんのわずかでした。

「これでは何のために戦ったのかわからない」

不満を持った武士たちをひきいて尊氏は鎌倉に向かいます。

後醍醐天皇は共に戦っていた武将の新田義貞にったよしさだに尊氏を倒すことを命じます。

一度は追い詰められた尊氏ですが、そこへ光厳上皇こうごんじょうこう(前の天皇)から「新田を倒せ」という命令が届きました。

上皇が味方に付き、勢いづいた足利軍に攻められて、後醍醐天皇と新田義貞は逃げていきます。尊氏は光厳上皇の弟を光明天皇こうみょうてんのうとして立て、京都に朝廷ちょうていを開きました(北朝ほくちょう)。

1338年(建武5年)8月11日に、尊氏は征夷大将軍(幕府の将軍)ににんぜられます。

いっぽう、吉野(今の奈良県吉野郡)に逃げた後醍醐天皇は北朝を認めず、南朝なんちょうを開いて対立します。

これが2つの朝廷が争う南北朝なんぼくちょう時代の始まりでした。

この日は他にも…

山の日 国民の祝日の一つ。山に親しむ機会を持って、山に感謝する日。

koji

ABOUTこの記事をかいた人

スーパーマーケット勤務で野菜と果物を販売しています。 野菜と果物を見つめて40年!現在進行形のプロです。 好きな物はとにかく”肉”が好きです! カツカレー、焼き肉、ステーキ、生姜焼きまで!たまりません! 歌も好きで、暇をみては一人カラオケします! それから、ヒーロー達の乗り物が好きなんです。 例えば【サンダーバード】に出て来るメカ、 【バットマン】が乗っている全ての乗り物、 【マジンガーZ】を操縦する頭の上に乗っかるホバーパイルダー、 古くは 【スーパージェッター】の流星号、 【マッハGOGOGO】のマッハ号 などのミニチュアを集めてます。 【ルパン三世】も大好きで『カリオストロの城』でハマりました。 細かい物まで見つけては集めてます。