7月31日 今日は何の日?


まいど!kojiです!

およそ6000人のユダヤ人を救った杉原千畝すぎはらちうねが亡くなった日

杉原千畝は、1900年1月1日に岐阜県で生まれました。

お父さんは役人で、千畝は医者になることを望んでいましたが、千畝の夢は、外国語を学んで英語の教師になる事でした。

千畝は家出をして早稲田大学に入学します。

けれど学費を払う事が出来ません。そんなときに目に入ったのが、外務省による留学生募集の記事でした。

試験に合格すれば、お金を気にせずに勉強できます。千畝はこれに応募し、そのことがきっかけとなって、のちに外交官になりました。

1939年、千畝は家族を連れ、外交官としてリトアニアと言う国にある領事館りょうじかんで働きました。

このころ、ナチス・ドイツ軍はリトアニアの隣の国、ポーランドを侵略しんりゃくし、ポーランドにいるユダヤ人の迫害はくがいを始めていました。

リトアニアはナチス・ドイツ軍の攻撃から国を守るためにソ連(今のロシア)に併合へいごうされることを選んだので、領事館は閉められることになり、千畝一家は次の赴任地ふにんちに向かう準備を始めました。

ある朝、千畝は領事館の前に、ポーランドから逃げてきたユダヤ人難民なんみん(別記事 6月20日 今日は何の日?)たちがめかけていることに気が付きます。

ユダヤ人たちは、まず日本に行き、そこからアメリカやカナダなどに逃げることを望んでいました。日本に行くためには、日本のビザを領事館から発給はっきゅうしてもらわなければなりません。

ですが、日本政府の許可なく、勝手にビザを発給することは禁じられています。

「それでも、ユダヤの人たちを見殺しにすることはできない」

千畝はそれから一か月のほどの間、許可のないままビザを発給し続け、およそ6000人のユダヤ人を助けました。

そして日本に戻った千畝は、責任を取って外務省がいむしょうめなくてはなりませんでした。

ですがその後、ユダヤ人の命を救ったことが認められ、千畝はイスラエル政府から「諸国民の中の正義の人賞」が送られました。

世界中が千畝の勇敢ゆうかんな行動に拍手はくしゅを送ったのです。

1986年7月31日、千畝は86歳でその生涯を終えました。

この日は他にも…

日本民族学の創始者 柳田國男が生まれた日

koji

ABOUTこの記事をかいた人

スーパーマーケット勤務で野菜と果物を販売しています。 野菜と果物を見つめて40年!現在進行形のプロです。 好きな物はとにかく”肉”が好きです! カツカレー、焼き肉、ステーキ、生姜焼きまで!たまりません! 歌も好きで、暇をみては一人カラオケします! それから、ヒーロー達の乗り物が好きなんです。 例えば【サンダーバード】に出て来るメカ、 【バットマン】が乗っている全ての乗り物、 【マジンガーZ】を操縦する頭の上に乗っかるホバーパイルダー、 古くは 【スーパージェッター】の流星号、 【マッハGOGOGO】のマッハ号 などのミニチュアを集めてます。 【ルパン三世】も大好きで『カリオストロの城』でハマりました。 細かい物まで見つけては集めてます。