7月21日 今日は何の日?


まいど!kojiです!

美しい国土が広がる日本ですが、とりわけ見事な景色と言われている場所が3つあります。

それを「日本三景にほんさんけい」と呼んでいます。

日本を代表する3つの美しい景観けいかん「日本三景の日」

1つ目は、宮城県の松島まつしまです。

松島湾におよそ260の島が浮かび、幻想的な景色が広がっています。

海岸線と海、島が複雑に入り組む美しい様子を見て、戦国時代の武将、伊達政宗だてまさむね(別記事 8月3日 今日は何の日?)など、多くの人が歌や句を残しています。

2つ目の天橋立あまのはしだては、京都府にある砂嘴さしです。

砂嘴とは、海流によって砂が押し固められてできた細長い地形の事です。

まるで宮津湾にかかる橋のように、南北およそ3.6Kmにわたって延びる砂地は、5千本もの松が生い茂っています。

てんへと伸びていくりゅうのようにも見えることから、その名が付いたと言われています。

そして3つ目の広島県の宮島みやじまは、海の上に立つ厳島神社いつくしまじんじゃで有名です。

巨大な鳥居も、堂々としたやしろも、鮮やかな朱色しゅいろいろどられており、潮が満ちてくるとその足元は海に飲み込まれていきます。

まるで海に浮かんでいるように見えるのです。

建物はいずれも平安時代末期の建築様式けんちくようしきで、国宝に指定されています。

三景はどれも海が見える場所にあります。また、松の林が見事に茂り、青い海との対比たいひをなしています。

海に囲まれ、山の緑に恵まれた日本を表しているかのような景色なのです。

日本の様々な景観の中からこの3か所を始めに取り上げたのは、江戸時代の活躍した儒学者じゅがくしゃである林春斎はやししゅんさいです。

彼は1643年に「日本国事跡考にほんこくじせきこう」を発表します。

この中で、松島、天橋立、宮島を絶賛ぜっさんしました。

そんな春斎の誕生日の7月21日にちなみ、この日は「日本三景の日」と定められました。

この日は他にも…

全国の国立公園(別記事 3月16日 今日は何の日?)や国定公園を保護するための自然公園法が制定された日(1975年)

koji

ABOUTこの記事をかいた人

スーパーマーケット勤務で野菜と果物を販売しています。 野菜と果物を見つめて40年!現在進行形のプロです。 好きな物はとにかく”肉”が好きです! カツカレー、焼き肉、ステーキ、生姜焼きまで!たまりません! 歌も好きで、暇をみては一人カラオケします! それから、ヒーロー達の乗り物が好きなんです。 例えば【サンダーバード】に出て来るメカ、 【バットマン】が乗っている全ての乗り物、 【マジンガーZ】を操縦する頭の上に乗っかるホバーパイルダー、 古くは 【スーパージェッター】の流星号、 【マッハGOGOGO】のマッハ号 などのミニチュアを集めてます。 【ルパン三世】も大好きで『カリオストロの城』でハマりました。 細かい物まで見つけては集めてます。