6月26日 今日は何の日?


まいど!kojiです!

本当にあった不思議な出来事がおこった日「ハーメルンの笛吹き男」

ドイツのハーメルンと言う都市には、不思議な伝説があります。

ユリウス暦1284年6月26日、130人の子供たちが、笛吹き男に連れ去られ、忽然こつぜんと姿を消したと言うのです。

これは、実際に起こった出来事として、ハーメルンの市の記録簿に残されています。

グリム兄弟がまとめた『グリム童話』には、この伝説をもとにした「ハーメルンの笛吹き男」と言うお話があります。

📖ハーメルンの笛吹き男📖

むかし、ハーメルンの人々は増えすぎたネズミ🐁にこまてていました。

ある日、様々な色の混じった布の服を着た、風変わりな男がやってきて言いました。

「金貨一袋もらえるなら、私がネズミを一匹残らず退治して見せましょう」

「いいとも。お願いするよ」町の人は男に約束しました。

男が小さな笛を取り出して吹き鳴らすと、家という家からネズミが出てきて男について行きます。

男が笛を吹きながら川に入っていくと群れになったネズミも次々と川に入り、一匹残らずおぼれ死んでしまいました。

「さあ、約束の金貨一袋をもらおう」男はそう言いました。

ところが町の人たちは急に金貨が惜しくなり、言いがかりを付けて男を追い返してしまいました。

「覚えていろよ!」男は立ち去りました。

数日後、男が再び現れました。6月26日のことです。

赤い奇妙な帽子をかぶり、恐ろしい顔つきをしています。

男が笛を吹くと、今度はネズミではなく町中の子供たちが家から出てきて男について行きました。

男は子供たちを町の外に連れ出し、とある山の洞穴どうくつへ入っていくと130人の子供たちと共に姿を消しました。

穴の入口は中からふさがれ、子供たちは2度と戻らなかったという事です。  おしまい

この日は他にも…

小笠原諸島がアメリカから日本に返還された日(1968年)

江戸・明治時代の政治家、木戸孝允きどたかよしの誕生日(1833年)

koji

ABOUTこの記事をかいた人

スーパーマーケット勤務で野菜と果物を販売しています。 野菜と果物を見つめて40年!現在進行形のプロです。 好きな物はとにかく”肉”が好きです! カツカレー、焼き肉、ステーキ、生姜焼きまで!たまりません! 歌も好きで、暇をみては一人カラオケします! それから、ヒーロー達の乗り物が好きなんです。 例えば【サンダーバード】に出て来るメカ、 【バットマン】が乗っている全ての乗り物、 【マジンガーZ】を操縦する頭の上に乗っかるホバーパイルダー、 古くは 【スーパージェッター】の流星号、 【マッハGOGOGO】のマッハ号 などのミニチュアを集めてます。 【ルパン三世】も大好きで『カリオストロの城』でハマりました。 細かい物まで見つけては集めてます。