6月19日 今日は何の日?


まいど!kojiです!

殺されることがわかっていながら、友情の為に約束を守ったメロスが、人の心を信じられない王の心を動かす…..。

太宰治の短編小説「走れメロス」は、古代ギリシャの伝承とドイツのフリードリヒ・フォン・シラーの詩がもとになっています。

治はこの小説の中で信頼しあっているメロスと親友セリヌンティウスでさえも、一度は自分に負けそうになる、人間の心の弱さを描いています。

うたがったり卑怯な事ひきょうなことを考えたりするのも人間で、メロスがそれを乗り越えたからこそ、王も信頼することの大切さに気付いたのでしょう。

人間の弱さやもろさを小説に書き上げた太宰治の誕生日

治は、1909年6月19日、青森県北津軽郡金木村きたつがるぐんかなぎむら(今の青森県五所川原市)で、津島家の10番目の子供として生まれました。

本名は津島修治つしましゅうじです。立派な家柄いえがらで、父は議員などを務めた地元の有名人でした。

治の小学校の成績は抜群で冗談を言って人を笑わせるのが好きな子供でした。

1930年に上京し、東京帝国大学(今の東京大学)の入学しますが、治自身は、恵まれた環境に育ったことをむしろ恥ずかしいと感じ、政治活動にかかわったり、自殺をしようとしたり苦しい毎日を送ります。

そうした中で「山椒魚さんしょううお」などで知られる井伏鱒二いぶせますじの弟子になり、「斜陽しゃよう」や「人間失格にんげんしっかく」など、たくさんの小説を世に送り出しました。

人間の中にある弱さやづるさ、むなしさを受け入れ、孤独の中にあるもろい自分を見つめながら、それでも美しく生きたいと願う治の作品は、今でも多くのファンを引き付けています。

この日は他にも…

6(ろう)1(ど)9(く)の後呂合わせ。

「人間は考える葦である」の言葉が有名なフランスの哲学者、ブレーズ、パスカルの誕生日。(1623年)

koji

ABOUTこの記事をかいた人

スーパーマーケット勤務で野菜と果物を販売しています。 野菜と果物を見つめて40年!現在進行形のプロです。 好きな物はとにかく”肉”が好きです! カツカレー、焼き肉、ステーキ、生姜焼きまで!たまりません! 歌も好きで、暇をみては一人カラオケします! それから、ヒーロー達の乗り物が好きなんです。 例えば【サンダーバード】に出て来るメカ、 【バットマン】が乗っている全ての乗り物、 【マジンガーZ】を操縦する頭の上に乗っかるホバーパイルダー、 古くは 【スーパージェッター】の流星号、 【マッハGOGOGO】のマッハ号 などのミニチュアを集めてます。 【ルパン三世】も大好きで『カリオストロの城』でハマりました。 細かい物まで見つけては集めてます。