6月15日 今日は何の日?


まいど!kojiです!

空海くうかい弘法大師こうぼうだいしとも呼ばれています。

平安時代の新しい仏教の一つ真言宗を広めた空海の誕生日

「大師」とは立派なそうに朝廷から送られる称号しょうごうで、何人もの僧がさずけられていますが、ふつう「お大師様」と言えば空海をすほど、特別に親しまれています。

空海は、774年(宝亀ほうき5年)6月15日に生れたとされています。

讃岐さぬきの国(今の香川県)の役人の家に生まれ、子供の頃の名前は真魚まおと言います。

幼い頃から勉強が好きで、中国の本をたくさん読み、習字もとても上手でした。

15歳で都に出て勉強をして、18歳で役人になるための大学に入ります。

そして人々の暮らしを良くする役人になるために、一生懸命勉強しました。

しかしある時修行僧しゅぎょうそうに会い「人々をすくう方法を知りたければ、真言しんごん(仏が話した真実の言葉)を100万回となえなさい」と教わります。

すると空海は、大学を辞め、四国の山の中で修業を積み始めました。

そして804年、31歳の時に遣唐使けんとうしの一員に選ばれ、とう(今の中国)の都、長安ちょうあん恵果和尚けいかおしょうから密教みっきょうを学びます。

これまでの仏教は読んで学ぶことが中心の為、さとりを開くことがむずかしかったのですが、密教は教えに従って修業を積めば、仏になることも出来ると言う考え方の仏教です。

空海は、これを驚くほどの速さで学び取って日本に帰り、高野山こうやさん(和歌山県)を中心に真言宗しんごんしゅうを広めます。

同じ時に遣唐使となって学んだ最澄さいちょうが広めた天台宗てんだいしゅうと共に、平安時代の2つの新しい仏教として人々に受け入れられました。

空海は、真言宗を広めること以外にも、貧しい人たちが学べる学校を作ったり、四国の満濃池まんのういけや、現在、神戸港となっている港を整えたりもしました。

この日は他にも…

しょうがの日 奈良時代からしょうがを神様へのお供え物とする感謝の祭りがこの日に行われたことから。

koji

ABOUTこの記事をかいた人

スーパーマーケット勤務で野菜と果物を販売しています。 野菜と果物を見つめて40年!現在進行形のプロです。 好きな物はとにかく”肉”が好きです! カツカレー、焼き肉、ステーキ、生姜焼きまで!たまりません! 歌も好きで、暇をみては一人カラオケします! それから、ヒーロー達の乗り物が好きなんです。 例えば【サンダーバード】に出て来るメカ、 【バットマン】が乗っている全ての乗り物、 【マジンガーZ】を操縦する頭の上に乗っかるホバーパイルダー、 古くは 【スーパージェッター】の流星号、 【マッハGOGOGO】のマッハ号 などのミニチュアを集めてます。 【ルパン三世】も大好きで『カリオストロの城』でハマりました。 細かい物まで見つけては集めてます。