6月4日 今日は何の日?


まいど!kojiです!

震災しんさい復興ふっこうにつくした 後藤新平ごとうしんぺいが生まれた日

後藤新平は、今からおよそ100年前、現在の東京の基礎を作り上げた政治家であり、官僚かんりょうであり、また医師でもあります。

新平は1857年(安政あんせい4年)6月4日、陸中国りくちゅうのくに塩釜村しおがまむら(今の岩手県奥州市おうしゅう水沢区)で生まれました。

子供の頃から勉強は出来たのですが、わがままなところがあり、何をしても長続きしませんでした。

それでも医学を学び、医者として活躍するようになりますが、「人の病気を治すのも素晴らしいが、もっと大きな、国家の病気を治したい」と考え続けていました。

外科医として認められ、愛知病院(今の名古屋大学附属病院)の病院長になった新平のもとに、怪我けがをした患者が運ばれてきます。その患者は、自由民権運動じゆうみんけんうんどうし進めていた政治家の板垣退助いたがきたいすけ(別記事 4月17日 今日は何の日?)でした。

治療にあたった新平と板垣は意気投合します。これがきっかけで新平は政治の道をこころざすようになりました。

まず、内務省衛生局ないむしょうえいせいきょく(伝染病を予防したり、病院の制度を整えたりしていた役所)に努めます。

その後も、外国での都市づくりで力を発揮しました。そして内務大臣ないむだいじん外務大臣がいむだいじんなど、政府の重要な役職を務めたのち1920年に東京市長になります。

1923年に発生した関東大震災かんとうだいしんさいによって東京は焼け野原になりました。

「今こそ、首都東京を治療するときだ」と立ち上がり、新平は新しい都市計画をすすめていきます。

新しい大通りをいくつも作ったり、交通機関を見直したり、公園や公共施設を整備したりして、震災からの復興と新しい都市づくりを同時に進めました。

現代の近代的な東京の姿は、この時期にきずかれたのです。

この日は他にも…

天台宗てんだいしゅうを開いた平安時代の僧、最澄さいちょうが亡くなった日(822年)

真田幸村さなだゆきむら(別記事 5月7日 今日は何の日?)の父、真田昌幸さなだまさゆきが亡くなった日(1611年)

koji

ABOUTこの記事をかいた人

スーパーマーケット勤務で野菜と果物を販売しています。 野菜と果物を見つめて40年!現在進行形のプロです。 好きな物はとにかく”肉”が好きです! カツカレー、焼き肉、ステーキ、生姜焼きまで!たまりません! 歌も好きで、暇をみては一人カラオケします! それから、ヒーロー達の乗り物が好きなんです。 例えば【サンダーバード】に出て来るメカ、 【バットマン】が乗っている全ての乗り物、 【マジンガーZ】を操縦する頭の上に乗っかるホバーパイルダー、 古くは 【スーパージェッター】の流星号、 【マッハGOGOGO】のマッハ号 などのミニチュアを集めてます。 【ルパン三世】も大好きで『カリオストロの城』でハマりました。 細かい物まで見つけては集めてます。