5月19日 今日は何の日?


まいど!kojiです!

織田信長おだのぶなが、天下取りへの第一歩 桶狭間おけはざまの戦い

織田信長が尾張おわりの国(今の愛知県西部)のほとんどをおさめていた1550年頃、

織田信長

隣の駿河するがの国(今の静岡県中部)、遠江とおとうみの国(今の静岡県西部)三河みかわの国(今の愛知県東部)で勢力を振るっていたのは今川義元いまがわよしもとでした。

今川義元

東海一と言われたその義元が1560年に2万5千の軍勢を引き連れ、尾張の国に向けて軍を進めてきたのです。

かたや信長の兵力は、およそ3千。誰の目にも勝敗しょうはいは明らかに思えました。

信長がいる清州城きよすじょうは大騒ぎとなり、家臣かしん家来けらい)たちが城にこもるようすすめる中で、信長は幸若舞こうわかまい(室町時代にはやった芸能の1つ)の「敦盛あつもり」を演じます。

「人間50年。下天の内をくらぶれば 夢まぼろしのごとくなり(人の命はせいぜい50年。天の世界と比べれば夢や幻の様にはいかない)」

演じ終わるとよろいを身につけ、立ったままづけ(ご飯にお湯をかけたもの)をかきこんで、今川軍の元へ駆け出したのです。家臣たちも慌てて信長のあとを追いかけます。

実は信長は、家臣を使ってひそかに敵の動きをさぐらせていました。

今川の本体へ奇襲きしゅう(相手の不意ふいいて攻撃すること)をかけるためです。

奇襲を成功させるためには、敵だけでなく、味方の家臣たちもあざむく必要があったのです。

「今川の本体は、今、桶狭間で休んでいます」

そこはせまい谷間で、大勢の軍で戦うには、動きが取りにくい地形です。また、義元は織田軍を何度も打ち破っていたので、安心して休んでいました。

天も信長に味方して、前が見えないほどの雨となりました。

織田軍は雨にまぎれ、気づかれることなく、義元の近くまでせまります。

慌てふためく今川軍を蹴散けちらし、信長の家臣は総大将そうだいしょう、義元のところにまっしぐら。見事、義元をうちとります。

1560年(永禄3年)5月19日、桶狭間の戦いは、織田軍の大勝利に終わりました。

そして、信長は今川家から独立した徳川家康とくがわいえやすとお互いの領地りょうちめない約束をしたうえで、いよいよ天下取りに乗り出したのです。

この日は他にも…

江戸時代の学者(儒学者じゅがくしゃ)・政治家 新井白石あらいはくせきの命日(1725年)

koji

ABOUTこの記事をかいた人

スーパーマーケット勤務で野菜と果物を販売しています。 野菜と果物を見つめて40年!現在進行形のプロです。 好きな物はとにかく”肉”が好きです! カツカレー、焼き肉、ステーキ、生姜焼きまで!たまりません! 歌も好きで、暇をみては一人カラオケします! それから、ヒーロー達の乗り物が好きなんです。 例えば【サンダーバード】に出て来るメカ、 【バットマン】が乗っている全ての乗り物、 【マジンガーZ】を操縦する頭の上に乗っかるホバーパイルダー、 古くは 【スーパージェッター】の流星号、 【マッハGOGOGO】のマッハ号 などのミニチュアを集めてます。 【ルパン三世】も大好きで『カリオストロの城』でハマりました。 細かい物まで見つけては集めてます。