3月12日 今日は何の日?


まいど!kojiです!

現在のようにコンビニエンスストアやスーパーマーケットが無い時代、子供たちが御菓子を買うのは駄菓子屋だがしやさんでした。

その店先には、スナック菓子やチョコレート、キャラメル、ラムネなど、こまごまとしたお菓子が並べられていました。

どれも子供のお小遣いで買えるくらいの値段です。

また、メンコや竹とんぼ、コマと言った昔ながらのおもちゃの他、文房具やプラモデルなども売られていました。

くじ引きもあり、子供たちにとって小さな遊園地のような場所だったのです。

子供たちに親しまれてきた「駄菓子の日」

江戸時代末期の頃、黒砂糖が広く使われるようになったことや、ヨーロッパから入ってきた洋菓子の影響もあり、せんべいや飴、干菓子(砂糖などを固めて作ったお菓子)などがっ作られ、庶民に広まっていきました。

そのような安いお菓子が「駄菓子」と呼ばれるようになったのは、明治時代末期の頃と言われています。

明治時代に活躍した女性作家の樋口一葉ひぐちいちようは、駄菓子屋さんを開いたことがあります。

一葉の店には、近所の子供たちがよく集まり、遊んでいたそうです。

昭和時代になると、さまざまな種類の駄菓子がたくさん登場します。

1950年から60年頃は駄菓子屋さんは子供たちのにんきの場所となっていました。

時代の変化により、今では数が減っている駄菓子屋さんですが、全国の」駄菓子メーカーなどで、結成された「DAGASIだ が しで世界を笑顔にする会」が、駄菓子の文化を守り、世界に広めようと、

お菓子の神様と言われる田道間守たじまもりの命日である3月12日にちなんで、この日を「駄菓子の日」と定めました。

 

この日は他にも…

財布の日

3(さ)1(い)2(ふ)の語呂合わせから。

ABOUTこの記事をかいた人

スーパーマーケット勤務で野菜と果物を販売しています。 野菜と果物を見つめて40年!現在進行形のプロです。 好きな物はとにかく”肉”が好きです! カツカレー、焼き肉、ステーキ、生姜焼きまで!たまりません! 歌も好きで、暇をみては一人カラオケします! それから、ヒーロー達の乗り物が好きなんです。 例えば【サンダーバード】に出て来るメカ、 【バットマン】が乗っている全ての乗り物、 【マジンガーZ】を操縦する頭の上に乗っかるホバーパイルダー、 古くは 【スーパージェッター】の流星号、 【マッハGOGOGO】のマッハ号 などのミニチュアを集めてます。 【ルパン三世】も大好きで『カリオストロの城』でハマりました。 細かい物まで見つけては集めてます。