日本の昔話 わらしべ長者


まいど!kojiです!

1本のわらからどんどん色々なものに変わっていく、最後は何に変わるのでしょう?

わらしべ長者ちょうじゃ

昔一人の若者わかものが、観音様かんのんさまにおまいりして、「どうか、出世しゅっせが出来ますように。」と願掛がんかけをしました。

すると、「一番初めに、手にふれたものを、持って行きなさい。」そういう、おげがありました。

若者が、お寺の門を出て、歩いていくと、ふと、石につまずいてころびました。

その拍子ひょうしに、1本のわらしべ(いねのわらのしんの部分)をつかんでいました。

若者が、わらしべを持って行くと、一匹のあぶが飛んできました。

若者は、あぶをつかまえてわらにしばって、飛ばしながら歩きました。

すると、向こうから、立派りっぱな車にのって、子供こどもいた人が来ました。

子供はあぶを見て、「あれ、ほしい、ほしい。」とせがみました。

「いいよ、あげるよ。」ぶんぶん飛ぶあぶを、子供にやりました。

「ありがとうございます。」お母さんがおれいにと、みかんを3つくれました。

また、歩いていくと、のどをかわかせてこまっている商人しょうにんいました。

「これを、おあがりなさい。」3つのみかんをあげると商人はよろこんで、布を一反いったんくれました。

若者はぬのをもって歩いて行きました。

すると、道端みちばたで、馬が死んで困っている一人ひとり馬喰ばくろうがいました。

馬喰は牛や馬の売り買いをします。途中とちゅうで馬がたおれてこまったと言います。

「それなら、この布と馬をえましょうか。」若者が言うと、馬喰は喜んで「そりゃ、助かる、たのむ。」

若者は死んだ馬と布を取り換えました。

馬喰が行ってから、若者は、倒れている馬に水をんできて、ませました。

馬はごくごくのどらしながら水を飲みました。すると、馬は目をひらいて、ぴょこんと立ち上がりました。

「わあ、かえったぞ」若者は手をたたきました。

「ヒヒヒーン。」と馬は鳴きました。

馬を引いて、若者はたびを続けました。

日がれて、若者はある一軒いっけんの大きな家に、めてもらうことになりました。

「いい馬ですな。」と、その家の主人しゅじんは、馬をめました。

あくる朝です。

主人は若者に向かって、「実は、私は、これから旅に出なければなりません。ついては、お願いですが、あなたの馬をしてはもらえませんか。」と言うのでした。

若者は気持ちよく、「いいですよ、よろしかったら、どうぞ、お使いください。」

「そりゃ、ありがたい。」

主人は喜んで、「私がもどるまで、あなたはこの家で、自由じゆうにおくらしください。私が戻るまであなたがこの家の主人です。」そう、言いました。

そうして、旅に出て行ったのです。

それきり、主人は二度と帰っては来ませんでした。

若者は大きな家の主人になって、安楽あんらく一生いっしょうを送ったと言います。

わら一本がもとだったので、人々はこの男を『わらしべ長者』とびました。

koji

ABOUTこの記事をかいた人

スーパーマーケット勤務で野菜と果物を販売しています。 野菜と果物を見つめて40年!現在進行形のプロです。 好きな物はとにかく”肉”が好きです! カツカレー、焼き肉、ステーキ、生姜焼きまで!たまりません! 歌も好きで、暇をみては一人カラオケします! それから、ヒーロー達の乗り物が好きなんです。 例えば【サンダーバード】に出て来るメカ、 【バットマン】が乗っている全ての乗り物、 【マジンガーZ】を操縦する頭の上に乗っかるホバーパイルダー、 古くは 【スーパージェッター】の流星号、 【マッハGOGOGO】のマッハ号 などのミニチュアを集めてます。 【ルパン三世】も大好きで『カリオストロの城』でハマりました。 細かい物まで見つけては集めてます。