日本の昔話 大工と鬼六


まいど!kojiです!

kojiも知らない昔話です。

大工と鬼六

むかし、あるところに、たいそう流れが速い川がありました。

何度、橋をかけても流されてしまいます。

村の人たちは困り果てて、腕がいいと評判の大工に頼みに行きました。

「どうか流されない丈夫な橋を架けて下さい」「よし、わかった」

大工はすぐに引き受けました。

しかし、大工はできるかどうか心配になって川を見に行きました。

大きな川で、ざんぶらざんぶらと、すごい流れです。

大工が川の水をじいっと見つめていると、ぶくぶくぶくっと泡が浮かび、ぶわっと、大きな赤鬼が顔を出しました。

「お、鬼だ」大工は驚いて動けません。

「やあ、お前は大工だな。そんなところでなにをしている。」

「おらは村の人たちに、この川に橋を架けて欲しいと頼まれたんだ。そんで、どうやって架けようかと、考えて負った。」

すると、鬼は「ぐわっはっはっは。おまえがいくら腕のいい大工でも、この川に橋を架けるのは、無理じゃ。だがな、お前の目玉をくれるなら、わしが代わりに橋をかけてやろう。」と、言いました。

大工がぽかんとしている間に、鬼は川の中へ戻って行きました。

次の日、川へ行った大工は驚きました。立派な橋が半分、かかっていたのです。

また、次の日に行くと、橋はすっかり出来上がっていました。

丈夫でしっかりした橋です。

大工が橋を眺めていると、川からぶわっと鬼が出てきました。

「どうだ大工よ。立派な橋を架けてやったぞ。約束通り、目玉をよこせ。」

鬼の言葉に大工は飛び上がりました。

「それだけは、勘弁してくれ。」「いや、ならぬ。目玉をもらうぞ。」

「目玉をとられたら困る。大工の仕事ができん。」

すると、鬼は言いました。

「ならば、わしの名前を当ててみろ。当たったら目玉は勘弁してやろう。明日また、ここに来い。」

帰り道、大工は考えました。

考えても考えても、鬼の名前はわかりません。

そのうちに、山の奥までふらふらと歩いて行きました。

すると、子供たちの歌声が聞こえてきました。

おーい 鬼六 目玉はまだか はーやく 目玉を 持って来い

輪になって歌っているのは、鬼の子供たちです。

「鬼六…目玉…? はっ、そうか。」

大工は、ぱちんと手を叩きました。

次の日、大工が川へ行くと、すぐに、鬼が現れました。

「大工よ、どうだ?わしの名前がわかったか。」

「お前の名前は、鬼吉だ。」大工はわざとそう言いました。

鬼は嬉しそうに、にやりと笑うと、

「ちがう、ちがう」

「では鬼丸だ。」

「そんな、名前じゃないぞ。人間に鬼の名前など、わかるわけがない。」

「鬼之介」「はずれ」「鬼ざえもん」「ぶはは、違うぞ。さあ、目玉をよこせ。」

鬼が手を伸ばしてきたので、大工はお腹の底から大きな声で言いました。

「お前の名前は、鬼六!」

すると、鬼は、

「ああ、当たりだぁ。」と言って、ぼわっと、消えてしまった とさ。

koji

ABOUTこの記事をかいた人

スーパーマーケット勤務で野菜と果物を販売しています。 野菜と果物を見つめて40年!現在進行形のプロです。 好きな物はとにかく”肉”が好きです! カツカレー、焼き肉、ステーキ、生姜焼きまで!たまりません! 歌も好きで、暇をみては一人カラオケします! それから、ヒーロー達の乗り物が好きなんです。 例えば【サンダーバード】に出て来るメカ、 【バットマン】が乗っている全ての乗り物、 【マジンガーZ】を操縦する頭の上に乗っかるホバーパイルダー、 古くは 【スーパージェッター】の流星号、 【マッハGOGOGO】のマッハ号 などのミニチュアを集めてます。 【ルパン三世】も大好きで『カリオストロの城』でハマりました。 細かい物まで見つけては集めてます。