ベーブ・ルースの誕生日 2月6日


まいど!kojiです!

ベーブってあだ名だったんですね。本名だと思ってました。

伝説のホームラン王

ベーブ・ルースの誕生日

1895年2月6日は、アメリカの野球史上に名を残す、偉大な選手、ベーブ・ルース(本名ジョージ・ハーマン・ルース)の誕生日です。

アメリカ合衆国 メリーランド州 ボルチモア出身。

ルースの両親は、メリーランド州で食堂を営んでおり、一日中働き通しで、息子の面倒を見ている暇がありません。

ルースはそれをいいことに、学校にはほとんど行かず、仲間と遊びまわります。

身体が大きく、7歳にしてすでに仲間内ではボスでした。

いたずらや喧嘩ばかりで、どんなに叱られても、言う事を聞きません。

困ったお母さんは、ルースを寄宿舎のある学校に入れました。

そこで、マシアス先生と言う恩師に出会ったことが、ルースの人生を変えたのです。

ルースの野球の才能を見抜いたマシアス先生の指導により、ルースはめきめきと腕を上げ、大学生チームに勝利するほど活躍します。

これがきっかけとなり、1914年19歳でマイナーリーグのプロ野球チーム、ボルチモア・オリオールズに入団しました。

赤ちゃんのような顔立ちと、無邪気な性格から「ベーブ(赤ちゃん)」とあだ名をつけられ、ベーブ・ルースと呼ばれるようになりました。

その後メジャーリーグのボストン・レッドソックスに移ったルースは、投手として活躍しながら、ホームラン王となります。

1920年に移ったニューヨーク・ヤンキースでもホームラン王に輝き、人気者になりました。

人気が高まると怠けだすのがルースの悪い癖で、何度も遊びや喧嘩に走り、スランプに陥りました。

ある時、友人で、のちにニューヨーク市長になるジミー・ウォーカーから「君に憧れている少年たちをいつまでがっかりさせておくつもりだ」と言われ、子供が大好きだったルースは心を入れ替え、練習に打ち込みます。

そして、ふたたび成績をあげてファンを喜ばせました。

ルースに声をかけられ、嬉しさのあまり、病気がよくなった子供もいたほどでした。

生涯、通算714本のホームランを打ち、何度も失敗しては立ち直り、誰からも愛されたルース。

今も永遠のスターとして語り継がれています。

 

この日は他にも…

アンパンマンの作者、やなせたかしの誕生日

koji

ABOUTこの記事をかいた人

スーパーマーケット勤務で野菜と果物を販売しています。 野菜と果物を見つめて40年!現在進行形のプロです。 好きな物はとにかく”肉”が好きです! カツカレー、焼き肉、ステーキ、生姜焼きまで!たまりません! 歌も好きで、暇をみては一人カラオケします! それから、ヒーロー達の乗り物が好きなんです。 例えば【サンダーバード】に出て来るメカ、 【バットマン】が乗っている全ての乗り物、 【マジンガーZ】を操縦する頭の上に乗っかるホバーパイルダー、 古くは 【スーパージェッター】の流星号、 【マッハGOGOGO】のマッハ号 などのミニチュアを集めてます。 【ルパン三世】も大好きで『カリオストロの城』でハマりました。 細かい物まで見つけては集めてます。