日本の昔話 3年ねたろう


まいど!kojiです!

今回のお話は、題名は聞いたことがあるけど、内容をよく知らない…というようなお話です。

3年ねたろう

昔、お金持ちの家の隣に、とても貧しい家がありました。ところが、

その家の一人息子は、いい年をして、朝から晩まで寝てばかり。

お父さんが「寝てばかりいないで、ちょっとは働け。」と言っても、だまってゴロゴロ。

お母さんが「そんなことでは、嫁ももらえないぞ。」と言っても、だまってゴロゴロ。

村の人たちからは、「ねたろう、ねたろう」と言われ、馬鹿にされていました。

ところが、3年3か月寝て過ごしたねたろうは、ある日、急にむっくり起き上がると「山へ行ってくる。」と出かけていきました。

そして、大きな鳩を捕まえて帰ってきました。

お父さんが「鳩なんか捕まえていったい何をする気だい?」と尋ねても、ねたろうは、「いいから、いいから」

またすぐに出かけて行きました。

今度は町で提灯を買って帰ってきました。

お母さんが「提灯なんか買ってきていったい何をする気だい?」と尋ねても、ねたろうは、「いいから、いいから」

その日の夜の事です。

寝太郎は鳩と提灯を持って隣のお金持ちの家へ忍び込みました。

屋敷の中の、大きな松に木に登ると、

「これこれ、家主よ、出てこい」と、大きな声で言いました。

みんなが寝静まった夜の事ですから、寝太郎の声はよく響きました。

主人は「何事か」と、出てきて、暗闇に向かって言いました。

「どなたか呼んだかね。」すると、ねたろうは落ち着いた低い声で、

「わたしは八幡山の神社の神である。」

主人は縁側にひざまずき、深々と頭を下げて言いました。

「神様、失礼いたしました。私に何か御用でございますか?」

「お前には娘が一人おるな。」

「は、はい。」

「その娘を、ねたろうの嫁にせよ。」

「はい、しかし、いくら神様のお申しつけと言えども、ちっとも働かず、寝てばかりいるねたろうの嫁にやるのはいかがなものかと…。」

「私の言う事が聞けないのか?それではこの家はつぶれるであろう。」

「そ、それは困ります。仰せの通りにいたします。」

「よかろう。では、わしは山へ帰るぞ。」

ねたろうは、提灯に火を入れ、鳩の足にくくりつけると、山へ向かって放しました。

主人が頭を上げると、暗闇に向かって消えていく明かりが見えました。

「神様のお帰りだ。」

主人は手を合わせて見送りました。

夜が明けると、主人がねたろうの家へ、頼みに来ました。

「ねたろうよ、娘の婿になってくれ。」

ところが、ねたろうは、

「おれは、いやだ。寝てるのがいい。」

「寝ていても、文句は言わないから、どうか婿になってくれ。神様のお告げなんだ。」

「それなら仕方がない。婿になるか。」

こうして、ねたろうは、お金持ちの家の娘と結婚することになりました。

ねたろうは、婿になってからと言うもの、人が変わったように、よく働くようになりました。

ですから、もう誰も「ねたろう」と、馬鹿にすることはなくなりました…..とさ。

koji

ABOUTこの記事をかいた人

スーパーマーケット勤務で野菜と果物を販売しています。 野菜と果物を見つめて40年!現在進行形のプロです。 好きな物はとにかく”肉”が好きです! カツカレー、焼き肉、ステーキ、生姜焼きまで!たまりません! 歌も好きで、暇をみては一人カラオケします! それから、ヒーロー達の乗り物が好きなんです。 例えば【サンダーバード】に出て来るメカ、 【バットマン】が乗っている全ての乗り物、 【マジンガーZ】を操縦する頭の上に乗っかるホバーパイルダー、 古くは 【スーパージェッター】の流星号、 【マッハGOGOGO】のマッハ号 などのミニチュアを集めてます。 【ルパン三世】も大好きで『カリオストロの城』でハマりました。 細かい物まで見つけては集めてます。