梅酒で美肌、老化防止、血液サラサラ!健康に!


まいど!kojiです!

梅と言えば梅酒

この夏、この暑い夏を元気にやり過ごさないと…。

体調管理してますか?

梅酒にはいろいろな効果が期待できます。

  1. 美肌効果
  2. 老化防止
  3. 血液サラサラ
  4. 疲労回復
  5. お風呂に入れて
  6. リンスにして
  7. 食欲増進
  8. ダイエット効果
  9. リラックス効果
  10. 肝臓の機能を良くする

これだけの効果が期待できるんです。梅酒は優れものですね。

kojiも毎年とは言いませんが「梅酒」は漬けています。

真ん中が1番古いもので、もう10年くらいなりますかね?

左が6年物、右が2年か3年ものですね。

こうやってオンザロックで飲みます。

普段お酒は飲まないので、結構ききますよw

梅酒が身体にいいのは皆さんも聞いたことがあるはずです。

では、なににいいのか?お答えします。栄養素のお話。

クエン酸

大きめのレモン1個に約4g

梅1個に1gのクエン酸が含まれています。

疲労回復

人間の体の中に乳酸が溜まると疲れが溜まっているとき。

乳酸を分解して新陳代謝を助けてくれます。

クエン酸は体内で糖を代謝し、エネルギーに変えてくれます。

体内に入ったマグネシウムやカルシウムなどのミネラル分を吸収しやすくして、疲労物質を分解し、

蓄積を防いでくれます。これをキレート作用といいます。

疲れたときは酸っぱい物を!

クエン酸の酸味は食欲増進夏バテ予防に活躍します。

クエン酸回路

人間の細胞内では毎日身体を動かすためのエネルギーを育成するクエン酸回路と言う

化学反応が起こっているそうです。(興味のある方は調べて下さいw)

血液サラサラ

クエン酸は血中の乳酸を、クエン酸回路に、再度加えることにより血液の酸化を抑え、

血液をサラサラにしてくれます。

老化防止

ミネラル吸収促進=老化防止(活性酸素の抑止)

クエン酸には、ミネラルやビタミン類を吸収しやすくする効果(キレート作用)があり、

体内に取り込まれたミネラル類を酵素が触れる前にクエン酸が包み込み、酸化から守ります。

美肌効果

クエン酸により、身体の細胞が正常に働き、古くなった角質をスムーズに剥がして

サイクルを正常にする働きがあります。

お風呂に入れて…

200Lの浴槽に約20g加えると、お肌がすべすべになり温浴効果が高まります。

リンスにして…

クエン酸水(水100ml クエン酸約2g)をリンスの代わりに使うとしなやかな髪質になります。

食欲増進

梅酒をおちょこに1杯 食前酒

聞いたことありませんか?唾液や胃液の分泌を促して食欲を増進させる効果があります。

ダイエット効果

女性には嬉しいですね。

クエン酸にはエネルギー代謝経路であるクエン酸回路を活性化させる働きがあり、日頃のバランスのとれた食事と、適度な運動と共に、クエン酸効果のクエン酸回路を活性化させれば代謝アップにつながりダイエットにも効果があると言われています。

その刺激によって、脂肪細胞が燃焼し、小さくなることで体重が減少することが期待されます。

バニリンは梅の実に含まれているので、そのエキスが染み出している梅酒でも摂取出来ます。

梅酒はお酒なので、カロリーも低くはありません。

お酒を飲みたいのに我慢して、ストレスになるので、どうせ飲むなら梅酒がおすすめです。

リラックス効果

梅酒に含まれる「ベンズアルデヒド」と言う成分は、桃やさくらんぼに共通する爽やかな甘い香りを放ちます。

それに加え、蜜入りりんごに多く含まれ風味を良くしている成分「エステル類」も梅酒に含まれています。

これらの成分によりフルーティーで甘く爽やかな香りがリラックス効果を生み出します。

ピクリン酸

クエン酸と同じ有機酸(酸性の有機化合物の総称)の一種で、肝臓の働きを良くする作用があります。

肝臓の働き

  1. 解毒…体内に入った有害な物質を無害な物質にかえる。
  2. 代謝…食べ物から摂取した栄養素を貯蔵し、必要な時にエネルギー源にする。
  3. 胆汁の育成…肝臓で作られた老廃物を流したり、脂肪を消化しやすくしたりする効果を持つ胆汁を作る。

脂肪肝(肝臓に必要以上の中性脂肪がたまった状態)を放置すると、

肝硬変や肝がんへと進行するケースがあるので、ケアしておきたいですね。

便秘や下痢にも効果あり

ピクリン酸は腸の働きも活発にしてくれるので、便通の改善が期待できます。

また、酸っぱい物を食べると唾液が出やすくなり、唾液の中には「アミラーゼ」と言う消化酵素が含まれていて、

消化を助けるので、暴飲暴食などによる下痢の予防にも効果ありです。

それだけではなく、殺菌作用もあるので、食あたりなどによる下痢も起こしずらくなります。

日の丸弁当の真ん中の梅干しは弁当が痛まないように、殺菌効果の為に入っていたんですよ。

ビタミンB2

ビタミンB2は皮膚や髪、爪などの健康維持や細胞の再生を助ける成分です。

ビタミンB2が不足すると口内炎や脂漏性皮膚炎になってしまう恐れがあります。

また、肌の新陳代謝も上げてくれるので健やかな肌を目指す人にも必要な栄養素です。

カリウム

カリウムはナトリウムを排出しやすくする作用があるので、塩分の採り過ぎを調節したり、

血圧を下げたりします。

カリウムは、野菜、果物に多く含まれます。

塩分を採り過ぎると高血圧を始めとする生活習慣病を引き起こします。

カリウムはサプリメントで補うことも出来ますが、その他の栄養素と一緒に摂取できる梅酒なら、

手軽に美味しく効率的に採ることができますね。

梅酒もお酒です!

梅酒にはいろいろな効果があり、大量に飲めば良いと言うことはありません。

梅酒もお酒です。

適量

1日に飲む量は、純アルコール量が20g以内が良いとされていますが、

梅酒だとどのくらいの量にどれくらいの純アルコールが含まれているのでしょうか。

アルコール度数が13%の梅酒が1合(180mL)で純アルコール量20g弱と言われています。

一般に女性は男性に比べてアルコール分解速度が遅いので、男性の1/2~2/3程度が適当と考えられます。

なので、男性で約180mL、女性で90~120mL程度が適量と言えるでしょう。

また65歳以上の高齢者はアルコール分解速度が下がることが指摘されているので、少なめにしましょう。

 

さあ、これで梅酒がどれほど身体に良いか分かったと思います。

梅酒の作り方なども別記事で書いていこうと思います。

これからは、梅酒で 健康に過ごしましょう!

koji

ABOUTこの記事をかいた人

スーパーマーケット勤務で野菜と果物を販売しています。 野菜と果物を見つめて40年!現在進行形のプロです。 好きな物はとにかく”肉”が好きです! カツカレー、焼き肉、ステーキ、生姜焼きまで!たまりません! 歌も好きで、暇をみては一人カラオケします! それから、ヒーロー達の乗り物が好きなんです。 例えば【サンダーバード】に出て来るメカ、 【バットマン】が乗っている全ての乗り物、 【マジンガーZ】を操縦する頭の上に乗っかるホバーパイルダー、 古くは 【スーパージェッター】の流星号、 【マッハGOGOGO】のマッハ号 などのミニチュアを集めてます。 【ルパン三世】も大好きで『カリオストロの城』でハマりました。 細かい物まで見つけては集めてます。