サンダーバード号実写版!CG映像フル活用!


まいど!kojiです!

皆さん サンダーバードが3本目にして、映画が実写化されたのご存知ですか?

前2作はスーパーマリオネーション(人形劇ミニチュア特撮)だったんですが、3作目は俳優による実写版の作品になったんです。

アメリカでは2004年7月24日、日本では2004年8月7日にユニバーサル映画配給で公開されました。

日本語版では主題歌とトレーシーファミリーの吹き替えをV6が担当したんですよ!

さて、今回の実写版では人形劇の頃のメカとはちょっと違っているんです。

kojiが最初に見たときはやはり違和感があって、ちょっと首をかしげたような感じだったのですが、物凄く未来的なものになっていたのでこれはこれでありなのかな?と思うようになりました。

わかりずらいかも知れませんが、kojiが持っているもの全てお見せしますので、見て下さい。

まず映画のチラシから

2号の変化がわかりますよね!

kojiがこのサンダーバードのDVDを買ったときに付いてきた2号機です。これが欲しくて予約して買いました。裏側にDVDを入れられるようになってます。

全体的にオリジナルより丸みを帯びて、主翼が後方へ移動、排気ノズルが四角くなり本体と一体化しています。

 

小さなミニチュアしかありませんが1号から紹介します。

1号と3号はオリジナルよりちょっと派手?になったかな?と言う印象です。

2号は上で述べた通り、5号は??koji自身はオリジナルのほうがよかったと思います。

4号も全面ガラス張りで近代風な水中探査機の様な風某になってますね。

kojiが一番残念なのはピンクのペネロープ号です。流線形になってしまって全てがかわってしまった印象です。

オリジナルが【ロールスロイス社製】で実写版では【米フォード社製】になっています。

7mの車体にジェットエンジンを搭載しています。(残念ながら現実性はありません)

kojiは高級感溢れるロールスロイスのオリジナル品がやはり最高ですね。

でもこのサンダーバードの世界を実写化してしまうなんてCGを駆使したとはいえ、凄いなと思います。

こんな世界を早く見てみたいと思う今日この頃です。

koji

ABOUTこの記事をかいた人

スーパーマーケット勤務で野菜と果物を販売しています。 野菜と果物を見つめて40年!現在進行形のプロです。 好きな物はとにかく”肉”が好きです! カツカレー、焼き肉、ステーキ、生姜焼きまで!たまりません! 歌も好きで、暇をみては一人カラオケします! それから、ヒーロー達の乗り物が好きなんです。 例えば【サンダーバード】に出て来るメカ、 【バットマン】が乗っている全ての乗り物、 【マジンガーZ】を操縦する頭の上に乗っかるホバーパイルダー、 古くは 【スーパージェッター】の流星号、 【マッハGOGOGO】のマッハ号 などのミニチュアを集めてます。 【ルパン三世】も大好きで『カリオストロの城』でハマりました。 細かい物まで見つけては集めてます。